ある工場での秘密の行為3

私は登美子さんに一物を握らせながら自らも腰を前後に動かしてみた。すると落雷の様な刺激が下腹部に響き、今にもイってしまいそうな快感がペニスを襲った。女の手で刺激されるのがこんなに気持ちいいなんて。

(ああっ・・いい・・たまらなく気持ちいい・・・)

私は登美子さんの耳元にそう囁いた。思わず正直な気持ちが出てしまったのだが、登美子さんはそれを聞くと気を良くしたのかさらに手の動きを早くして私の一物を強く刺激しはじめた。

「ああっ・・登美子さん・・そんな・・早い・・・」

登美子さんが一物をしごくシュシュという音が機械音に交じり私の耳元に届く。ためらいなく動くその手が一心不乱に一物をしごき続けている。

「ああっ・・・登美子さん」

私はそう叫ぶ様に言った。もう我慢できない、このままイってしまいたい、いやイカせてくれ!という思いが心の中で駆けめぐった。しかしその時・・・。

「まって・・」

登美子さんが小さくそう言った。そして私の前にしゃがみ込むと私の今にもイキそうになっている亀頭を口に含んだ。

「えっ!?」

私は驚いて思わずそう叫んだ。そしてあまりにも大胆な登美子さんのこの行動に度肝を抜かれた。口で・・口でしてくれるなんて・・・。私は登美子さんに対して驚くと同時に激しく欲情した。・・・仕事中隠れて女に一物をしゃぶってもらう、しかも、もうイキそうになっている亀頭が口の中でビクンビクンと脈動しているのだ。

「登美子さん・・出ちゃう・・出ちゃうよ」

しかし私はそう言って腰を引きかけた。いくらなんでも口の中に出したら悪いと思ったからだ。まだそれ程深い仲になっているわけでもない登美子さんにそこまでさせてはと言う思いがあったのだが、しかし・・。

「いいのよ・・出して・・そのまま出して・・」

登美子さんはそう言ってペニスをさらに深く咥え込んだ。舌がペニスを包み込み温かなぬくもりが下腹部に伝わってくる。

(ああっ・・もう駄目だ)

抗いがたい快感が下半身を襲い異常な興奮が私を包んだ。そして思わず登美子さんの頭を両手で抱えるとまるでオナホールの様に前後に動かした。
「登美子さん・・いいよ・・いいっ・・たまらない・・」


私はそう叫ぶように言った。そして一気に絶頂へと登りつめた。精液が登美子さんの口に勢いよく発射される。ビクンビクンと脈動する一物が途切れ途切れに白い液体を吐き出すのだ。登美子さんはその粘液を外に漏らすまいと必死に一物を咥え込む。そして、全てを受け止め飲み込んでしまった。


私達はそれからしばらくタンクの影で抱き合っていた。私が登美子さんに口づけすると、まだ口の中には
私のザーメンが残っているのか少し苦い味がした。
「登美子さん・・こめんね・・苦かった?」
と聞くと登美子さんは首を横に大きく振った。

「ううん・・大丈夫」とそう言い、
「あたし・・前から・・男の人のを・・飲んでみたかったから・・でも・・変態って思わないで」そうつぶやいた。そして恥ずかしそうに私にしがみついた。そして、

「でも・・○○さん・・本当に私みたいな女でいいの・・」と独り言の様に言った。
(少し後になってこの言葉には二重の意味がある事に気付いた・・しかし言われた時は登美子さんが自分の容姿を卑下しているんだろうと言う意味にしかとらえられなかった)

私は少しムキになり、登美子さんは魅力的だよ!と言い返した。すると彼女は少し微笑みながら、

「まだ仲良くなって少しなのに・・」と言ってうつむいた。しかし・・何か決意する様に再び顔を上げると。

「ねえ・・○○さん・・あたしね・・ほんとは・・ね」

いったんは決意した気持ちが揺らぐのか登美子さんはためらう様に言葉を続ける。

「・・もう我慢できないの・・もう自分を抑えられない・・」

私はその言葉を聞いた時ある意味納得できるものを感じた。やはり短い間に急速に登美子さんとこうなったのには彼女側にも理由があったのだ。

ある工場での秘密の行為4へと続く

熟女愛TOPページへ