官能小説のカテゴリ

官能小説

「・・もう我慢できないの・・自分を抑えられない・・」

そう告白する登美子さんの表情はある意味、悲壮感さえ漂わせていた。そして、話しを聞いているうちにここ一か月の登美子さんと私の関係が急速に進んだ理由が納得出来た様な気がした ...