官能小説

(登美子さん・・どう思ってるんだろう?)
私は会社の食堂で独り定食を食べながら考えていた。私達はいつも別々に昼食を取っている。私は会社の食堂で彼女は仲の良い女友達と庭のベンチなどでお弁当を広げている。

私が登美子さ ...